福岡市博多区の矯正歯科なら博多プライベート歯科

歯並び矯正歯科福岡

メール相談・予約

大人の矯正

成人矯正について

成人なってからの歯列矯正を始めようとする訳は患者さんにより、色々ございます。

しかし、矯正歯科の内容や期間、費用の事からごわからない所も沢山ありますよね。

ここで、大人の矯正治療をする際にご注意いただく大切なこと添付しますので考慮いただければと思います。

見た感じがとても気になる
仕事がサービス業だから
歯並びがよくないと友達に言われたから
ずーっと矯正治療をしたかったが、学生だから、治療費が工面できなかった

成人矯正で大切な注意する点

治療費のこと

治療費用の内容についてはきちんとチェックしてください。
治療すべてにかかる金額全部が書かれている時と矯正装置の治療費が書かれている時がございます。

治療の期間のこと

矯正というのは、治療の期間が長期にわたるものです。約2年くらいかかることが多いのです。治療をする前に、治療の計画の説明を受け、治療の期間を確認するようにいたしましょう。

当院は、抜歯しない症例では約2年ほど、抜歯をする症例は約2年を超えることが多いです。

治療する期間をきちんとお知らせできるというのは、当院の矯正歯科学会所属医師が相当数の矯正症例を行っていますので、日々の治療の進捗状況をチェックしながら、治療の遅れが少ないように、バランスを保てる力量があるから実現できておる次第です。

付け加えますと、治療する期間をさらに、短縮するために新たな矯正装置やインプラント矯正も利用しています。そうすると、想像以上に治療の期間を短くできる場合もございます。

よくある失敗例について

他の歯科医院で矯正の治療を行った後、後戻り(再発)が始まったとご相談に来られる患者様がいらっしゃいます。

歯並びが酷くなった理由が、遺伝が原因ではなく、口呼吸や舌癖(くせ)などで問題が出たのであれば、矯正の治療の最中に、これらの原因も治していかなければなりません。

歯並びが酷くなった原因を診断することで、歯並びだけを治すのではなく、歯並びが酷くなった原因を除去するため、例えば、舌運動の訓練や口呼吸を鼻呼吸になるように耳鼻咽喉科と提携して治療を行うことを推奨してくれる矯正歯科で治療をお勧めいたします。

抜歯をせずに矯正が可能か、非抜歯矯正治療について

患者様は可能であれば、抜歯をしないで矯正をしたいと思っていることでしょう。

ある歯科医院では、すべて症例を歯を抜かすに矯正治療ができますとお話ししている医院もあるみたいです。

当歯科医院では、可能な限りスペースを見つけ出して抜歯をせずに矯正治療をするように診断しますが、矯正治療としてのバランスを緩和みて、抜歯をしなければならない時は、歯を抜くように説明させて頂いいております。

一例をいいますと、大人になっての受け口、叢生(そうせい)などのケースは抜歯しなければならない場合が多いと思います。

すきっ歯や出っ歯のケースは、スペースにより抜歯をしなくてもよいことがあります。

現実的には、抜歯をせずに矯正治療が出来ますが、治療した後に後戻りする可能性があると考えられます。

例え話しをすると、8人テーブルの中に10人着席はできたとしてもいっぱいで、席が空いたら、その空いたスペースに移動すると同様に、矯正治療も顎の骨の大きさが変わらない以上、歯を抜くということも選択肢の一つとして考えなければなりません。

抜歯をせずに治療をするには、子供の頃から矯正治療を行い、顎の成長を考えて矯正治療をしていくのが大切なのです。

但し、奥歯に隙間がある方、過去にブリッジにて治療をしたことがある場合は、抜歯をしなくても治療をすることができるなど、患者様にとって、最善と思われる治療もご提案できます。

他の歯科医院で抜歯と診断受けた場合も、抜歯をしなくても、治療がうまくいった例も多数あります。

抜歯・非抜歯など、詳しいことが知りたい方やお悩みの方はまず一度、当院にご相談頂ければと思います。

歯並びが悪いまま、そのままだとどうなるでしょうか?

歯並びがよくない理由は、口呼吸や、舌の癖(くせ)といわれるのが、ほとんではないでしょうか?

口呼吸の状態で生活していくと、口腔内が乾いていくので、自身の歯が歯槽膿漏になり・口臭などの原因因子になりえます。

歯並びがひどいままだと、歯の負担が大きくなり、自身の歯が抜けてきて、歯並びが悪くなり、歯全体が抜けていくことにもなりかねません。

また、いびき、もしくは睡眠時無呼吸症候群などになる原因の一つになります。

歯は食事をするための、すりつぶしの役割の一旦を担っています。

つまり消化器管の1つだとも考えてもよいのではないでしょうか歯の機能する役割が果たせないと胃腸の消化器に大きな負担がかかり胃腸障害になることにもなりえません。

少しでも早めに歯並びを治し、歯並びがひどくなった原因を突き止め、日々健康的な生活ができるように共に頑張っていきませんか。