福岡市博多区の矯正歯科 矯正なら博多プライベート歯科

メール相談・予約

透明で目立たないマウスピース矯正 インビザライン/SureSmile

マウスピース矯正
インビザラインについて詳しくはこちら
インビザラインについて詳しくはこちら

マウスピース矯正 インビザライン/SureSmile(シュアスマイル)とは

インビザライン/SureSmile(シュアスマイル)

インビザライン/SureSmile(シュアスマイル)とは、自身の歯にマウスピースを装着して歯並びを直す矯正装置のことで、治療している最中も周囲の人から見てもわからない治療装置として話題になっております。

当院は、多くの方々に矯正治療に興味をもってもらうために、矯正治療の治療費、優れたテクニック、治療の行程や期間など最適なプランニングができるように対応しています。また、圧倒的な症例数の矯正専門歯科医師が治療いたしますので、歯並びや咬み合わせの治療に自信をもっております。

美しさにこだわる博多プライベート歯科だからこそ、治療中の見た目にもこだわる患者様のご要望にお応えします。

参考までに関東、関西方面でマウスピース矯正の相場になりますと、90万~120万円(税抜)ほどになります。

こんなお悩みをお持ちの方にオススメ

お悩みの方

  • ・目立つワイヤーは着けたくない
  • ・矯正中でもしっかり歯磨きをして虫歯予防に努めたい
  • ・忙しくて頻繁に通院することは難しい
  • ・食事しづらくなるのは嫌だ
  • ・金属アレルギーなのでワイヤー矯正を受けられない等…

このようなお悩みをお持ちで矯正を諦めていた方にぴったりなのが、マウスピース矯正(インビザライン/SureSmile)です!

マウスピース矯正(インビザライン/SureSmile)の特徴

自分で着脱ができる

通常の矯正は一度つけると外すことは一定期間難しいのです。
マウスピース矯正では、ご自身ではずしたりつけたりすることができるので大変便利です。

金属は一切使わない

マウスピース矯正は金属を一切使わないので金属アレルギーなど心配はありません。
また、治療中にマウスピースが外れてもご自分で再度つけることができるので、ワイヤー矯正のようにブラケットをつけるために定期的に来院しなくてよいのが利点です。

部分的な歯並びが気になる方にも対応

マウスピース矯正は前歯のみの部分矯正も可能です。 笑うときに目立つ前歯の歯並びを部分的に矯正し、美しい歯並び・自然な笑顔を作ります。

矯正治療の後戻り対策になる

矯正後に歯並びが戻る「後戻り」。マウスピース矯正は後戻りしてしまった歯並びの再治療にも最適です。

マウスピース矯正(インビザライン/SureSmile)の部分矯正・全体矯正

人気の部分矯正にも対応できます

最近、患者様からご質問いただく部分矯正もインビザライン/SureSmile矯正で治療ができます。例えば前歯だけをキレイにしたいという場合、マウスピースはすべての歯に装着しますが、動かす歯は数本なので治療費も全体矯正より安価で、治療期間は4ヶ月~1年くらいを基準にしています。

部分矯正は出っ歯になる!?全体矯正にも対応

部分矯正のイラスト

マウスピース矯正について調べているうちに、出っ歯になるというお話を聞いたことはありませんか?
お口の状態によっては奥歯ごと動かさずに前歯だけを動かすと、並ぶスペースが足りずに前に出る「出っ歯」の状態になってしまうことも…

しかしマウスピース矯正は奥歯も治療範囲内です。博多プライベート歯科で行うマウスピース矯正はインビザライン/SureSmileなので、前歯だけでなく奥歯も動かして全体矯正が可能です。
奥歯も動かして全体矯正とすることで、歯が並ぶスペースが足りずに前歯が必要以上に唇側に出てしまったり、八重歯が半端に治せなかったりする問題を解決いたします。

抜歯をしない治療から、抜歯を伴う大きな歯の移動にも対応できるので、奥歯を含む全体的な歯並びをきれいにしたいという方にもインビザライン/SureSmile(シュアスマイル)はおすすめです。
治療範囲が広いので、部分矯正から全体矯正まで様々な症例にも対応できます。

治療方法の比較

オススメ
インビザライン/SureSmile
インビザライン/
SureSmile
他社製マウスピース矯正
他社製マウス
ピース矯正
ワイヤー矯正
ワイヤー矯正
透明で目立ちにくい 透明で目立ちにくい 金属が目立つ
外せるので歯を磨きやすい 外せるので歯を磨きやすい 外せないため磨きにくく
虫歯になりやすい
外せるので食事しやすい 外せるので食事しやすい 硬いものが食べにくい
食べ物が詰まる
滑舌にほぼ影響がない 滑舌にほぼ影響がない 特に裏側矯正では器具が舌に
当たり、滑舌に影響する
金属の角で口内が傷つくことはない 金属の角で口内が傷つくことはない 金属の角で口内や舌が
傷つくことがある
部分・全体矯正が選べる 部分矯正のみ対応
出っ歯になる可能性がある
部分・全体矯正が選べるが
治療期間がかかる

マウスピース矯正治療の流れ

1.カウンセリング

当院では患者様のお口の状態、お悩みをお聞きし、お一人おひとりに合わせたご提案を行います。
疑問や不安点がある際には、どんなに些細なことでもお尋ねください。

2.精密検査

口腔内検査、レントゲン撮影、顔や口の中の写真撮影を行ないます。
矯正装置のマウスピースを作るために歯の型採りを行います。

3.治療計画のご説明

精密検査の結果をもとに、歯科医師が立てた治療計画を患者様にわかりやすくご説明いたします。
その内容と治療期間、費用について等、ご納得いくまでしっかりと説明をいたします。

4.治療スタート

出来上がった矯正装置のマウスピースを装着します。
着脱方法やお手入れの方法、取り扱い時の注意事項などをご説明いたします。

5.定期的な通院

2週間に1回程度の定期的な通院で、マウスピースを交換します。
インビザライン/SureSmile矯正では、従来のワイヤー矯正に比べて少ない通院回数で治療を完了することが可能です。
※お忙しい方はさらに通院回数を減らすこともできますのでご相談ください。

6.治療終了!保定期間へ移行

歯がきれいに並んだ後は、元に戻らないように固定する期間に入ります。
メンテナンスのために数ヶ月ごとに通院していただきます。

治療を担当する医師より

担当医師

インビザライン/SureSmile(マウスピース矯正)を成功させるために必要なポイントについてお話していきます。

まず矯正治療とは、インビザライン/SureSmileに限らず基本的に時間をかけて行う治療です。矯正治療を進めていくうえでは、ご自身の歯を移動するだけではなく、噛み合わせをしっかり考えていかなければ成功しません。

期間がかかってしまう理由の一つとして、現在噛みやすい位置(噛み合わせが悪い位置)で噛んでいる歯を、噛み合わせを修正しながら矯正力をかけて動かしていくので時間がかかるという点があげられます。

事実、治療期間を無理矢理短縮して急に歯を移動させると、歯が倒れてしまったり、歯根が吸収していったり、顎の筋肉が一気に収縮することで噛みづらくなってしまったりします。その結果、矯正治療で歯並びが改善したとしても、余計に噛み合わせに異常が起こる場合があります。そうなることを防ぐためには、治療期間をかけてじっくり歯を動かすことが必要になってくるのです。

時間がかかるからと言って矯正治療を途中でやめてしまい、今までの努力を無駄にしないためにも、治療期間がかかることを前提に少しずつ矯正治療を進めていきましょう。

まずは治療計画を立てます

デジタルでのシミュレーション画像

まずは治療開始前に担当医と相談をしながら検査をし、治療計画を立てていくことになります。
その治療計画を基にデジタルでシミュレーション画像を作製し、患者様に治療内容を理解していただきます。
例えば矯正には付き物の抜歯も、あり・なしの場合で治療内容や結果は異なります。
当院ではそういった治療内容もしっかりご説明し、治療前に患者様に同意をいただいてから矯正治療を開始しますので、ご安心ください。
治療計画について同意していただけたら、インビザライン/SureSmileのマウスピース矯正治療を開始していきます。

矯正治療を続けていくための大切なポイント

自分の歯並びを見る女性

インビザライン/SureSmileによる矯正治療は、しっかり時間をかけながら歯並びを改善していきます。
マウスピース矯正はワイヤー矯正と違い、矯正装置を取り外すことができる矯正治療です。
そういった治療内容から、マウスピース矯正治療の進行やプロセスは、基本的には患者様の自己管理のうえで成り立つ治療となります。

マウスピース矯正は見えにくい矯正ともいわれており、治療中の見た目も重視した矯正治療です。子供よりも大人の方に適した治療方法かもしれません。
成人した社会人の患者様の中には、いろいろなご事情で矯正治療がバレるのが嫌だという方もいらっしゃいますし、仕事中は絶対にマウスピースを装着できないという方もいらっしゃいます。しかし、最近の矯正用マウスピースは会話中でもバレにくいタイプが多く、装着したままでも安心してお仕事をしていただけます。

マウスピース矯正は1日20時間ほどの装着時間を推奨しており、その時間をかけてしっかり装着していただかないと歯が動かず、状態が悪くなってしまうことがございます。
しかし、20時間以上装着となると、食事以外の時間はほとんど装着したままになります。

そこで、マウスピース矯正を途中で断念しないために大切な6つのテーマについてご説明いたします。内容は基本的なことばかりかもしれませんが、とても大切なポイントです。

1.装着時間をしっかり守っていただく

食事をする女性

まず大切なのは、装着時間をしっかり守っていただくことです。
マウスピース矯正治療を行っている患者様の中には、1日23時間も装着している患者様もおられます。
23時間もの間マウスピースを口腔内に入れておくのは大変なことです。
特に食事時間が長めの患者様にとって23時間の装着は難しいことです。しかし20時間程度なら装着しておくことは可能だという方が多くいらっしゃいます。
20時間の装着なら、マウスピースを外すのは、食事と歯磨きの時くらいですよね。
食事の時間を長くても1時間と考えて、3食で3時間弱。歯ブラシは一回当たり数分になります。そう考えると、20時間程度というのは十分に装着可能な範囲だといえます。
可能であれば食事時間はきちんと決めて、宴会など、長く外すことがある場合は他の時間で調整していきます。

インビザライン/SureSmile矯正を始めることで間食も少なくなり、健康的な生活を送ることができます。装着時間をしっかり意識し、20時間以上の装着を守りましょう。

2.スマホや携帯でスケジュール管理をする

スケジュール

マウスピース矯正を進めていく中で、現在何番目のマウスピースを使っているのか分からなくなるという方が数多くいらっしゃいます。
なんとなく言われるがまま、あまり考えることなくマウスピースを交換されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

大多数の歯科医院では、マウスピース矯正を始める前にマウスピースを交換する日付を記載したスケジュールを患者様に提供します。
この日付とは「予定通りに進むと、この日に何番目のマウスピースを交換しますよ」ということを意味しています。
順調にいくとこの指示通りに交換していきますが、患者様のご都合でスケジュールがずれてくると、この日付は意味が無くなってしまうのです。

日付がずれることを防ぐため、最近ではスマホのカレンダーなどでスケジュールを管理して、交換の時期を確認することをおすすめしています。
例えば「毎週月曜日にマウスピースを交換する」という内容をカレンダーに設定することで、忘れることはなくなっていきます。

ご自身が現在どのロット番号のマウスピースを使用しているのか、いつ交換するのかを把握しておくことで、矯正効果をより高めていくことができます。

3.どれくらい歯が動いたのか来院時に確認

治療を受ける様子

マウスピース矯正では、ワイヤー矯正のように定期的な調整をする必要がありません。
歯冠アタッチメントが取れた場合や、IPR(歯間を削合、研磨)を行う場合などの、特別な処置は必要なく経過を医師に見せるための来院では、10分程度で診療終了となります。

この際にしっかり説明してくれる歯科医院では、患者様に「現在、このような感じで動いていますよ。」というように治療経過の説明をしてくれるはずです。
患者様も、今のご自身の歯がどのように動いているか興味深いと思います。

「現在、奥歯を動かしていますので、歯並びの変化がないように見えますが、そろそろ前歯を動かしていくので歯並びの変化が始まります」などの情報共有は、患者様のモチベーションを保つためにも必要不可欠なものです。
歯が動いているのかどうか気になる時は、来院の際にどれくらい動いているのか医師に質問してみてはいかがでしょうか。

4.マウスピースがきちんと入っているか確認する

マウスピースが入っているか気にする女性

当然のことと思われるかもしれませんが、非常に大切なポイントです。
マウスピースは歯に入れただけではきちんと入っているかどうか分かりづらいものです。
きちんと入っていなければ、ズレがどんどん大きくなり、マウスピースが全く歯に合わなくなってしまいます。
それに気付かず歯に合わないものを使い続けてしまったら、無駄な時間を過ごすことになります。

自分自身でマウスピースが合っていないことが分かる場合は、早めに歯科医院にご来院いただきズレを無くすことで、治療時間や治療期間のロスを解消できます。
無駄な時間や期間を過ごすことなく治療を進めるのも、マウスピース矯正を続けていくための大切なポイントです。

5.マウスピースを清潔な状態にしておく

歯ブラシ

マウスピースの清潔状態も、使用頻度により大きく異なります。
マウスピースを外してからお口の中の歯磨きをしなかったり、アライナーを装着しながら水以外のものを飲んだり食べたりすると、マウスピースの汚れが目立ってきます。
歯科医師の目線から患者様のマウスピースの使用動向を毎日チェックしたところ、うまく使えてない人ほど、マウスピースの中の汚れが目立っていました。
プロセスに従って交換していくマウスピースですが、黄ばんで汚れているマウスピースは装着する意欲を患者様から失くさせてしまいます。

それを防ぐために、マウスピース装着時は水以外を飲むのを控えること、マウスピースの洗浄をきっちり行うこと、ご自身の歯をいつも清潔な状態にしてもらうことは非常に大切です。

6.矯正終了後のキレイな歯並び・理想の自分をイメージする

歯並びが美しい女性

最後に大切なのは、未来の自分を想像することです。
矯正治療をする前は、矯正治療をした後のご自身のお姿をイメージすることはなかなかできません。
しかしコンプレックスだった歯並びが治り、美しくなるお姿をイメージするだけで、大げさではなく、本当に人生が変わります。

インビザラインやSureSmile(シュアスマイル)のアライナー矯正では、初めにデジタル画像にて最終的な歯並びのシミュレーション画像を提供しますので、矯正治療終了後のご自身の歯並びがどのように変化していくのかイメージしやすくなります。
最終のゴールが何もわからずに、なんとなく矯正治療をするより、きちんと最終のゴールが想像できている方がモチベーションも高くなり、達成率に大きく影響していきます。
したがって、お好きなタレントさんでもいいので「こういう風になりたい!」など、キレイな歯並びをご自身の中で想像していただくことが大切です。

もし、こういう風になりたいといった歯並びの希望がありましたら、矯正治療担当のスタッフやドクターにお気軽にお伝えください。
長い時間をかけて矯正治療を始めるのですから、最後まで矯正治療を継続して歯並びを改善し、理想の自分に近づけるように頑張っていきましょう。

「一般的な相場よりお安く、お得な金額で矯正を始めていきたい」という患者様には、モニター治療もございます。思い切ってマウスピース矯正治療を始めてみませんか?

マウスピースについてはこちらでも詳しく説明しております。

よくある質問

マウスピースは装着すると痛いのですか?

作製したばかりのものは装着すると圧迫感や歯が動くことによる痛みが出ますが、数時間~数日で治まることがほとんどです。その痛みも一般的にワイヤー矯正より痛くないと言われています。

治療中に食べられないものはありますか?

ありません。治療中でも食事中にはマウスピースを取り外せますので、治療前と変わらずお好きなものを召し上がっていただけます。

マウスピースをつけるだけで、ちゃんと歯が動くのですか?

しっかりと動きます。ワイヤー矯正がワイヤーを締める力で歯を動かすように、マウスピースも歯を全体的に動かして美しい歯並びへと導くことが可能です。

旅行の間、数日間だけマウスピースを使わなくても大丈夫ですか?

マウスピースは毎日しっかりと装着してください。お出かけの際には外しておきたくなってしまうかもしれませんが、長い間外したままにしておくとせっかく動いた歯が元の位置に戻ろうと動いてしまい、再度装着しようとしても合わなくなって入らなくなってしまいます。

何歳から何歳までマウスピース矯正を受けられますか?

お子様の場合は、永久歯が生え揃う年齢から始めるのが理想です。 大人の患者様の場合、基本的に年齢制限はありませんが、歯周病が進んでいたり、骨の状態が悪い状態になってしまっていたりする方は、矯正治療を受けられない場合があります。
お子様でも大人の方でも、お口の状態によっては年齢関係なく治療できる場合もあるので、ぜひ一度カウンセリングへお越しください。

マウスピースを紛失、または破損させてしまった場合は
どうすればいいですか?

まずはすぐにお問い合わせください。作り変えるか、次の段階で使う予定だった新しいマウスピースを入れられるか診断して処置を行います。 紛失・破損された場合の作り直しも無料で行います。

  • 矯正治療について
  • 0.5DAYハイスピードセラミック矯正治療
  • 24時間ご予約・ご相談受付中
  • 審美専門サイトはこちら

    治療例 施 術 名    │セラミック矯正治療
    料   金    │1本32,000円~70,000円(治療費は材質や治療本数によって異なります)
    考えられるリスク │治療後は正しく歯を磨く必要があります。清掃が不十分だと虫歯になったり歯周病を発症してしまいます。定期検診を受診してください。

博多プライベート歯科

〒812-0011

福岡市博多区博多駅前2-18-25
ホテル日航福岡地下1F

  • [TEL] 092-260-3688