福岡市博多区の矯正歯科なら博多プライベート歯科

歯並び矯正歯科福岡

メール相談・予約

治療費

料金について

通常の矯正装置「ノーマルブラケット」

金属タイプのブラケットであるため、見た目が気になるというのはございますが、壊れることが少ない最もお手頃な装置になります。

難症例ケースは治療費がプラスになる場合がございます。
治療費 70万円(税別)~ → 55万円(税別)~
デンタルローン84回分割の場合 7,900円(税抜)/月

目立たない矯正装置「クリアブラケット」

クリスタルみたいな透明感がある、審美性に富むサファイヤブラケットのため、装置の見た感じが気になりません。

上記写真のようにホワイトワイヤーを希望されると別途材料費がかかります。
難症例ケースは治療費がプラスになる場合がございます。
治療費 80万円(税別)~ → 65万円(税別)~
デンタルローン84回分割の場合 9,300円(税抜)/月

見えにくい矯正装置「リンガルブラケット」

リンガルブラケットは、歯の裏側につける装置です。
この装置なら、人からは見えにくいから、矯正装置の見た目が気になる人にはバッチリです。

難症例ケースは治療費がプラスになる場合がございます。
治療費 30万円(税別)~ → 120万円(税別)~
デンタルローン84回分割の場合 18,000円(税抜)/月

見えにくい矯正装置「ハーフリンガル」

矯正装置が見えやすい上顎をリンガルブラケット、矯正装置が見えにくい下顎をクリアブラケットで行う矯正治療です。
オールリンガル治療よりは、お手頃な価格設定になっております。

難症例ケースは治療費がプラスになる場合がございます。
治療費 90万円(税別)~ → 75万円(税別)~
デンタルローン84回分割の場合 10,800円(税抜)/月

装置の目立つている上顎をリンガルブラケット、装置があまり目立つことがない下顎をクリアブラケットで行う矯正治療です。リンガル矯正より価格が抑えられるのが利点です。

インビザライン矯正「マウスピース矯正」

インビザラインは、透明のマウスピース型の装置を使い矯正治療をします。
目立ちにくいのは当然、取り外しも可能です。通院回数が一般的な矯正治療より少なくなります。

治療費 15万円(税別)~

治療期間の短縮可能な「ミニインプラント矯正」

矯正用に作製された小型インプラントを顎骨に埋入し、固定源とすることで、効率よく、かつ短い期間で歯を移動ことが可能、矯正期間の大幅に短縮できるのです。治療費は希望する矯正装置費用にプラスして下記の金額が追加となってます。

治療費 片顎3万円(税別)~

治療費は提示した治療費用以外の追加の費用はかかりません

治療費に装置代、技術料の治療費用が含まれています。
お支払いは、全部の矯正装置で分割払いが可能ですので、お気軽にご相談ください。

各種クレジットカード・デンタルローンを取り扱っております。詳しくは無料カウンセリング時にお尋ねください。

何歳から治療を始めても治療費の総額は変わりません

矯正治療は、可能な限り低年齢から治療する方が望ましいケースが多くございます。
しかし、年少から治療をすれば、余計に治療費用がかかり、矯正治療の総額が高くなるのではないかと、気にしている方も多いと思います。

子供さんの治療(1期)から成人の治療(2期)に移る場合には費用の差額をお支払いすることになるので、費用を気にすることなく、適時にに矯正治療をすることができます。

明確な料金体型

当矯正歯科では矯正治療をする前に治療か終わるまでのかかる費用(装置代、技術料)をご提示します。

矯正歯科と治療費用を比べて見てみてください。
矯正装置の治療費用はどの装置を使うかで変更しますが、最初にご提示した治療費以外で追加費用がかかりませんので、治療費用のトータル費用は、安くなります。

成人矯正の場合

料金比較
一般的な矯正歯科 博多プライベート歯科
初診相談料 ¥5,000 無料
検査・診断料 ¥50,000 ¥30,000
装置代(全顎) ¥800,000~ ¥700,000
調整費(月1回程度) ¥120,000 ¥5,400
保定期間 ¥50,000~ ¥30.000~
合計金額 ¥1,025,000~ ¥765,400~
矯正装置はノーマルタイプを使う場合。治療費は全てにおいて税別です
矯正装置により金額が変わります

お子様の矯正治療(Ⅱ期治療)の場合

料金比較
一般的な矯正歯科 博多プライベート歯科
初診相談料 ¥5,000 無料
検査・診断料 ¥50,000 ¥30,000
装置代(全顎) ¥350,000~ ¥300000~
調整費(月1回程度) ¥120,000 ¥5,400
合計金額 ¥525,00~0 ¥335,400~
料金は全て税別です

部分矯正の費用について

ワイヤー矯正で部分矯正をしますと、移動させる歯1本あたり約5万円と計算します。
マウスピース矯正で部分矯正を行うと、移動させる歯1本あたり約5万円と計算します。

臨床的に、1本のみ移動するケースは少なく、最低3本は移動させることが多いです。
その場合はワイヤー矯正、マウスピース矯正共に約15万円以上になるのではないでしょうか。
裏側矯正をした場合も、移動する歯1本あたり約5万円と計算します。

お子様の矯正治療

永久歯が生えてしまうまでの費用です。子供の矯正治療は親子で協力して行う治療です。
数ヶ月では終了しませんから、親子で取り組むことが必要になります。

治療費 20万円(税別)~

どうしても追加で費用が発生する場合

矯正治療中に矯正装置(ブラケットが)何度も取れてしまう場合

矯正治療中に矯正装置(ブラケットが)何度も取れてしまうことがございます。
装置が取れる原因は、固いものを食べたり、粘着力のある食物を食したり(キャラメル、おもち等)、気になるからといって、必要以上に触る癖がある患者様がほどんどになります。

当院では、矯正装置が外れてしまっても数回は治療費は発生しませんが、あまりにも頻繁に同じ修正処置を繰り返す場合は、そのような癖を治してもらう為にも修正費用をいただきております。

治療期間中に無断で来院されなかった場合

治療期間中に無断で来院されなかった場合、追加として処置料をいただいております。

来院されなかった期間によりますけれど、追加で治療費用を請求いたします。通院できない、ご事情がある場合は、きちんと事前にご連絡いただきますと、患者さんのご希望に添えるように当院より対応いたしますので、是非ともご協力下さい。

それ以外は、追加に費用が発生することはございません。

矯正治療は、治療期間がかかってしまうものなので、患者さんのご協力が欠かせないのです。
上記2点のみケースによっては追加費用がかかってしてしまうことをご理解ください。