福岡市博多区の矯正歯科なら博多プライベート歯科

歯並び矯正歯科福岡

メール相談・予約

受け口

受け口になる原因について

受け口は、遺伝が原因の可能性があると思われています。他は、乳児の授乳の癖(くせ)や手を下顎をのせてから、ひじを付く悪い癖などが原因で受け口になる場合があります

受け口を矯正治療する最高の歯列矯正治療の時期としては、5歳くらいが良いといわれています。

この時期に矯正治療を行うと、通常の矯正装置は外せて、夜間だのみ装置を装着して、日々10分から15分くらい咬んでもらえればおよそ3ヶ月から6ヶ月くらいで受け口が解消されていくのです。

また、普段の生活の癖が改善できず、身体の成長と共に、歯並びも、再び悪化したとしても、抜歯になる確率が間違えなく低くなります。

費用も小児の歯列矯正治療は35万円ほどで、その後、成人矯正になったとしても、費用は差額の治療費用のみで治療ができます。

ですから、成人矯正した時の、トータルの治療費と変わることはございません。

治療前と治療後の比較

最適な治療のタイミング

成人になり受け口の歯列矯正をする時は、最悪のケースは、外科手術をしなければなりまません。

つまり、上顎よりも下顎が前にでてますので、抜歯して上の歯との咬み合わせを合わせても、下顎が前に出ている(アゴがしゃくれている)のは歯列矯正治療だけでは治らないので、患者様により、外科手術も考えないといけません。

当院では受け口の患者さんの歯列矯正治療でも、可能な限り、外科手術をしなくてよいように、治療終了後に下顎が前に出ている状況を防ぐためにも、受け口の矯正相談を受け付けています。

まず、一度ご来院ください。

受け口をほっておくとどうなるの?

受け口で上の歯との咬み合わせの状態がよくないと、発音での障害がはじまり、上の歯が抜けていってにしまいます。
(上の歯と下の歯との咬み合わせが悪いと一般的には上の歯が抜けていきます。)

食物を咬み砕く機能が失われているので、身体の消化器等に負担がかかってます。
若い時代は、胃腸も快調ですから、年齢と共に胃腸に異常が出てくるの原因になってきます。

また、受け口の原因因子が普段の生活にある患者様は、この癖が治さないと、状態は悪くなっていきます。受け口の原因の理由と矯正治療は可能な限り、早くに治療するようにおお願いします。

治療の注意点、ポイント

早めの時期に歯列矯正行うこと(5歳くらいが目安)
成人になった場合は、大多数が抜歯ケースになります
抜歯するだけでは、下顎が前に出ている状況を治療するのに外科手術する可能性がある

受け口の歯列矯正ポイントは早めの矯正治療を始めるに限ります。御父兄様はお子様の歯並びに興味を持ち、よく観察してあげてくださいね。