福岡市博多区の矯正歯科なら博多プライベート歯科

歯並び矯正歯科福岡

メール相談・予約

インプラントを使った矯正

インプラントについて

インプラントを用いた矯正とは、顎骨にインプラントを埋入することで、骨(インプラント)と自身の歯を使用して歯列を治していく方法です。

矯正治療にインプラントを使用する一番のメリットは、歯を移動させるための力が大きいため、矯正治療期間を短縮できることです。

また、顎位のズレが激しく、本来ならば外科手術をしなければならないケースでも、インプラント矯正をすることで外科手術をしなくてもよくなる事があります。

歯茎が目立つ(ガミースマイル)ケースでも、インプラント矯正をすることで歯を移動させると共に、歯茎も上げることが可能です。

歯茎が目立つ(ガミースマイル)ケースは、歯並びがガタガタのケースよりも矯正治療の難易度が非常に高く、矯正治療終了後に歯茎がさらに目立ってしまう場合がありますが、当院の経験豊かな矯正専門歯科医師は治療終了後の歯茎のポジションも想定して矯正治療を行います。
インプラントを使用することで、歯茎を上の方へ動かしやすく、矯正治療の期間も短くできる利点がございます。

当歯科医院のインプラントを使った矯正の特徴

一般的に1年半~2年間くらい矯正治療期間を短縮することが可能になります。

インプラント手術も短い時間で終了します。手術中や術後の痛みはほとんどありません。

多くの場合、インプラント手術は専門の歯科医院への受診が必要になることが多いのですが、当院にはインプラント専門医も在籍しているため、当院内での対応が可能です。

何らかの理由によって治療途中でインプラントが外れてしまった場合でも、即座に対応が可能です。

矯正に使用するインプラントって何?

インプラントと聞くと、治療費が高額になるのではないかと思われる患者さんが多くいらっしゃいますが、矯正のために使用するインプラントは、歯を抜いた時に使用するインプラントとは全く異なるものです。

インプラント埋入手術は非常に短時間で完了します。
麻酔の注射を使用するため、手術中や手術後の痛みはほとんどありません。
インプラントが口腔中にあると違和感があるのではとないかと心配になるかもしれませんが、2~3日経つとほとんどの方が気にならなくなるようです。
矯正治療終了後にインプラントを除去するときも痛みはほとんど感じません。
インプラント除去後は痕も残らず、どの部分にインプラントをいれていたかわからないくらいになります。

「インプラント」と聞き、治療するのを躊躇される患者様が多くいらっしゃいますが、実際に矯正の内容をしっかりと理解していただければ、利点がとても大きな治療法であるとわかっていただけると思います。

実際に、アメリカやアジア各国では、歯列矯正治療の大多数がインプラントを使用して行われています。

また、経験十分な矯正専門歯科医師がインプラントを用いた矯正治療を行うと、一般の矯正治療よりもきれいに仕上がります。

このようにインプラントを使用した矯正治療は様々なメリットが大きなことから、日本でもスタンダードな治療方法として活用されるようになってくると考えられます。