福岡市博多区の矯正歯科なら博多プライベート歯科

歯並び矯正歯科福岡

メール相談・予約

症例集

すきっ歯症例 02

【患者様の声】
本当に前歯がすき間があり気になっていましたが、治療をし始めたばかりのことを思い出しますが、口元に変化が出てきたときは、驚きました。
前歯のすき間がなくなるとは思わなかったのですが、博多プライベート歯科にお願いして本当に良かったと感謝しています。
私は短い間で歯並び治療が終わり、今は、後戻りしないようにしっかり保定をしていきます。
歯並び治療は始めるまで本当に勇気が必要です。
やはり歯を動かすことは怖い部分はありますけど。しかし、実際始まってしまえば楽でした。
歯ならびが悪かったとしても、きちんと改善すると思うと、本当に報われます
みなさんも悩まず、しっかり先生とお話しして、あきらめずに頑張りましょう。

すきっ歯症例 01

【患者様の声】
私は以前からすきっ歯があり、歯並びも悪く、人前で思い切り笑えなかったので、歯並びが改善できて本当に感動してます。今は、たくさんみんなの前で笑うことができます。
治療を始めたときはほんとうに大丈夫なんだろうかと食べ物が喉にとおらないことがあり悩んでいましたが、治療が進むに連れて、安心したのか普段どうりに生活を送りことができました。
何度も何度も自分の歯が映っている写真を見ながら「人と話したくないな。」と思うこともありましたが、治療が終了してから人前でおもいっきり笑う自分自身をイメージしながら、頑張っていきました。私が今この時、人前で思いっきり笑えるのは、懇切丁寧にお話しを聞いてくれた先生方のはげましのおかげです。感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。今後もよろしくお願い致します。

セラミック矯正 03

36歳 女性
笑顔が溢れると歯茎が出すぎてしまうガミースマイルと、歯が黄ばんでたり、歯の形態、出っ歯のお口元、八重歯に悩んでいる笑顔の素敵な女性です。
ワイヤー矯正は期間がかかるのでNGとのこと、セラミック矯正で数ヶ月いう短い期間で終りました金属が必要でない強度が抜群のジルコニアセラミックを使い、白くナチュラルでキレイな形態での仕上っております。
ガミースマイルも処置するために、歯肉整形術も行い、とびきりの笑顔でも、歯茎が見えなくなっています。歯茎、歯の大小、色調、形態、歯並びをいっぺんに改善できますのは、セラミック矯正のメリットになります。

セラミック矯正 02

32歳 女性
前歯が凸凹な歯並びが気にしているキレイ女性の方です。
数本だけのセラミック矯正と、矯正治療で悩んでましたが、短い治療期間がで、治療中なのが、知られたくない
とのことでして、上の前歯6本のセラミック矯正を希望していました。
治療期間は3か月程度、歯科治療中も素早く、仮歯からセラミック製作と、他人にわからないように治療が終わりました。
ナチュラルで女性っぽい歯を希望されていました。そのようにお答えさせてもらいました。
金属なしでも強度があるのジルコニアセラミックを使い、歯肉が黒ずんだり、金属アレルギーは心配ございません。

セラミック矯正 01

40歳 女性
笑う時の歯ぐきが見えてガミースマイルになり、ずっと悩んでました。
そのほか、前歯2本が出っ歯ぎみなのも悩みで、色々、歯科医院にいっても、2つと
も同時に治療はできないと言われたらしいです。
選ばれたのは、上前歯6本のオールセラミックと歯肉整形術
数か月という短い間で、他の人にバレず、ガミースマイル、出っ歯、上の前歯2本の
大きさも全て完治しました。
女性らしさのある、歯の形態をデザインいたしました。ナチュラルで美しくキレイな
笑顔になったと思います。

インプラント症例 02

年齢54歳 上の前歯の欠如をインプラントで補う予定だが、術前の咬みあわせの補正目的で来院。
当院では矯正により前歯の位置の修正を行った。
インプラント治療は専門医にお任せした

(さらに…)

インプラント症例 01

年齢59歳 下の奥歯のインプラント治療前に咬合再編したいを希望されて来院。
咬合を高くしながら受け口治療や下のインプラント埋め込みするためのスベース作りをした。
矯正治療とコラボレーションをインプラント専門医にお任せした

(さらに…)

歯周病症例 02

年齢43歳 年を重ねるうちに上の前歯が傾いてきた事をお悩みに来院。
当院で歯周病治療後、矯正を行った

(さらに…)

歯周病症例 01

年齢48歳9ヶ月 上の前歯が唇側に傾いてきた事をお悩みに来院。
当院で歯周病治療後、抜歯ぜずに矯正しました

(さらに…)

開咬症例 01

年齢32歳 前歯の咬みあわせ異常がお悩みで来院。
骨格が原因で開になっていると診断し、外科的対応で口腔外科とコラボレーションをして治療。
矯正治療部門は上と下の歯列を側方拡大しスペースを作り、抜歯せずに治療をした。

(さらに…)

顎変形(下顎左偏)症例

年齢33歳9ヶ月 
下の歯が側方に偏位しており、それが原因で噛みあわせがおかしいということで来院。
顎変形症と診断し、外科的対応を口腔外科と矯正歯科が併用しておこなう。

(さらに…)