福岡市博多区の矯正歯科なら博多プライベート歯科

歯並び矯正歯科福岡

メール相談・予約

よくある質問

Q.
短い期間で歯並びをよくする「スピード矯正」とはどういうものですか?
A.
スピード矯正は、セラミック矯正など、いろいろ言い方はございます。
支台の歯を形成しその上に人工の白い歯を被せていきます、部分的に歯並びをよくする歯科治療で、通常の歯列矯正治療とは違います。
歯列矯正は歯の表側や裏側に矯正装置をつけたり、マウスピースを使いながら、歯を動かして歯並びを改善する歯科治療ですが、スピード矯正は歯を動かさずポジションは変えないで、前歯の見える部分のみの方向や形態を変えていきながら歯並びを改善する歯科治療です。
そのため、全症例、治療可能と訳ではございません。
矯正治療をしたいけど、あの見た目が悪い矯正装置をつけるのはイヤだ、期間をかけずに、短時間で見た目を改善する方法はないでしょうか、歯並びだけではなく、歯の色調などもキレイにしたい患者様、治療費用や治療する期間を気にされている方は、まずは、一度ご相談ください。
Q.
スピード矯正とは、差し歯(セラミック)治療なの?
A.
差し歯とは、歯根がある歯に土台をいれて、その上にセラミックなどの差し歯をいれたものです。
スピード矯正はご自身の歯にセラミックなどを入れて、歯並びをよくする歯科治療で、極端に歯の方向を変えて、歯並びをよくする場合は、神経を取る治療をし、歯並びを変える歯の方向に向けて土台を作製して、その上にセラミックを被せます。
Q.
スピード矯正で出っ歯や受け口は改善しますか?
A.
噛み合わせや歯並びの不具合の差によりますが、経験上、大抵の場合は、治すことが可能です。
下の歯やアゴも出たり、歯の間のスペースがなくて、歯並び改善できない場合は、障害をもたらしている歯も、同時に治すことで、歯並びが改善する場合もあります。
しかし、限界はございますから、どのくらい、希望に近い歯並びにできるか、まずは、カウンセリングにいらっしゃってください。
色々お話をしましょう。
Q.
スピード矯正って痛いんですか?
A.
治療中は、麻酔をすることがありますので、痛みはありません。
治療後、まれに痛みがある場合がございます。また、神経が残っていて、歯を形成している場合は仮歯を装着後、しみたりすることは、稀にあります。
Q.
一般矯正とスピード矯正はどう違うの?
A.
顎の大きさから来るもの、上下の歯のかみ合わせから直したい、上下の真ん中のポジションから全体にバランスよく、美しく歯を並べたいケースは、普通の矯正がよいでしょう。普通の矯正治療は年月がかかりますから、今の悪い歯並びよりも、改善できるのであれば、前歯だけの部分的に、または、短時間で改善したいという患者様は、無料カウンセリング(スピード矯正希望)にいらしてください。
また普通の矯正は抜歯が必要な場合がございます。
スピード矯正は神経処置が必要になる場合がございますので、どちらがいいか迷われている患者様は、当院の無料相談をお受けいただき、ご判断いただいても大丈夫です。
Q.
スピード矯正の治療期間はどのくらいかりますか?
A.
最短で考えますと2回程の通院で最終形が出来上がります。
ただし、神経処置をする場合は、通院回数や日程にもよりますけれど、神経治療になったりしますと、数ヶ月かかることもございます。
また、土台作製やセラミックの被せ物は、作製するのに製作日程が必要になります。
結婚式などイベントがあり、お急ぎの患者様はご相談いただければと思います。
Q.
スピード矯正は神経処置が必要なのですか?
A.
天然歯には数本の神経が入っています。歯の軸の方向を変えるケースは切削量が多くなります。
削っていくと、神経に到達してしまう場合がありまして、そういうケースは神経処置が必要になります。
また、切削量がそれほど多くなくても、しみたりや痛みが出る場合には神経処置が必要です。
神経処置をした歯根に土台をいれて、その土台に被せ物をしていきます。
その土台の方向を修正することにより、理想の歯並びのポジションにしていきます。
Q.
保険のプラスチックでも白いと思いますが、セラミックの方がよいですか?
A.
保険のプラスチックは変色しやすいので、時間がたつにつれて、見た目の美しさに差が出てきます。
プラスチックは変色しやすいため、時間が経過するにつれて大きな差が出ていきます
硬質レジン前装冠(HR)はつまり「前歯で保険ではいる白い歯」になり、セラミックと比較すると、変色になりやすく、いかにも、人工的と言った不自然な色になりがちです。
プラスティックは吸水性があり、変色になりやすいという短所がございます。
レジンとセラミックを混在したハイブリッドセラミックも、純セラミックと比較すると、時間が経過すると、見た目に問題がありますので、オールセラミックをオススメしてます。
Q.
セラミックは、見た目が白すぎて不自然ではないでしょうか?
A.
きちんとした歯科医院にて、治療をすれば、違和感が少なく、キレイな口元に仕上りますし、患者様ご自身の歯と見分けがつかないように、自然に仕上げます。
セラミックの仕上がりは、歯科医師の技量による所が大きいものです。
カウンセリングできちんと相談し、丁寧な治療をしてもらえる歯科医師かどうかを見極めることが重要です。
セラミック治療の症例を見るのもよいでしょう。
Q.
昔、装着したメタルボンドセラミックの根元が真っ黒になって来ましたが……
A.
セラミック歯の土台に使っている金属が原因ではないでしょうか。
セラミックの中には、金属をベースにセラミックを焼き付けるセラミック(メタルボンドセラミック)がございます。
表面は白いですが、中身は金属ですから、歯ぐきが痩せて、露出して来ますと、セラミック歯の根元の金属がむき出して、黒い線のようなものが見えてきます。
金属をベースとしないオールセラミックであれば、歯ぐきが露出しても黒い線が見えません。
Q.
スピード矯正より、一般的には、矯正治療の方がいいんですか?
A.
どちらもメリットとデメリットあります。ご希望に合わせながら、選択しましょう。
当院では、矯正治療・セラミック治療を共に、各専門のドクターが担当していますから、両方の長所・短所の説明を聞き、理解した上で、患者様ご自身のご希望に沿った治療法を選択してもらっています。
歯並びを美しくするために「矯正治療」が最良だと言われがちですが、歯科治療に時間をかけれない方や、歯の大きさや形態に問題があり、歯と歯の間に隙間がたくさんある方は、セラミックを使う「スピード矯正」の方が矯正治療よりメリットがある場合がございます。
治療方針を決定するときに大事なのは、患者さんが「どのくらいの治療期間でお考えなのか。
どのような歯並びにしたいと考えているか」なのです。下記にあるように長所、短所を把握していただいて、しっかりご理解してから、選択しても遅くはありません。
Q.
矯正治療を始めたいのですが、年齢制限はありますか?
A.
一般的にはございません。矯正治療は何歳から始めてもできます。しかし、成長期に開始した方が身体のバランスを考えて、よりよい仕上がり状態になります。歯並びが気になり出したら、早めに矯正専門歯科に行くことをおススメします。その患者様に最良の矯正治療の時期を知ってもらうことが必須です。
Q.
大人の矯正治療は、子どもの矯正治療は何が違うの?
A.
アゴの成長や歯の成長がまだ発育状態の子どもさんの場合、一期矯正治療はその成長や発育を促進、抑制したりして、より正確な方向に整備しながら、治療してまいります。そういうわけで、お子様の矯正治療の期間は成人よりも期間が長くなるのです。その一方すでに成長や発育が止まっている成人のケースは、アゴの形態が完成形になりますので、それを考慮して矯正治療を実施します。
Q.
矯正治療中は、歯が痛いそうですが本当ですか?
A.
痛みの感覚は個人差があるので一概に言えませんが、全然痛くないよという方もいれば、とても痛かったよとお話する方もいらっしゃいます。矯正治療が開始したばかりは、慣れてないこともありますから、矯正治療を始めてから2~3日は違和感や疼痛があることがございますから、柔らかいのお食事にしたりすることも必要でしょう。
矯正治療が進むにつれて痛みの頻度や時期は少しずつ減っていき、あまり気にならなくなりますから、かんばりましょう。
Q.
矯正治療の途中で転勤があるかも?
A.
矯正治療中に転勤などで歯科医院に通院できなくなる場合には、お早めにご相談お願いします。転勤先の矯正歯科で、矯正治療が手際よく継続できるように転居先のドクターと連絡をとることもできます。
Q.
抜歯をしないと矯正治療はできないですか?
A.
矯正治療は、始めから抜歯する/抜歯しないと決定するのではなく、矯正治療後のゴールを考えながら設計してまいります。
上下の歯並びのアンバランスや歯とアゴの調和の関係、アゴの成長度合など、患者様の状況を把握してから診断していきます。
Q.
矯正治療中、運動やトレーニングしてもいいですか?
A.
OKです。当然ですが、噛み合わせが改善されて、歯のくいしばりが可能になりますから、運動機能がレベルアップするとも考えられます。
しかし、サッカーや武道(剣道。柔道)など、口唇にあたることのあるスポーツは矯正装置の不具合が生じ、口唇が切れることがありますから注意しないといけません。
Q.
矯正治療中、食べるのに注意することはありますか?
A.
食事制限はないのですが、矯正装置の負担になったり、長い間、歯の周囲に残存するようなものは基本的にNGです。
矯正装置を破壊するような食べ物、例)固いビーフジャーキー、飴や氷をガリガリかじらないようにしましょう。
固い食べ物なら、小さくしてから、矯正装置に負担がないように、奥歯でゆっくり食べるなどの要領が必要です。
チューインガムやお餅、キャラメルなどくっつく物は、矯正装置に巻き付いたり、くっつくことがあるので、食後は早めにしっかり歯みがきするなどの工夫が大切です。
Q.
矯正治療中に妊娠したら、どうなりますか?
A.
矯正治療前のエックス線撮影や抜歯は、妊娠した後は避けたほうがよいのですが、現在、すでに矯正装置をつけて治療をしていれば、妊娠しても影響はありません。
ただし、妊娠中はホルモン分泌の変化により、歯ぐきが腫れたり、むし歯や歯槽膿漏にもなりやすいようです。健康に生まれてくる赤ちゃんのためにも、常日頃からのブラッシングをしっかり行い、大切な歯を守りませんか。
Q.
一度、矯正治療を終了したら、歯並びはずっと美しいままですか?
A.
矯正治療が終わり、歯並びがよくなったら治療は全部終わりなの?というのは違います。
むしろ、本当に大事なのは、歯並びがよくなってから、スタートといっても過言でありません。矯正装置がとってしまうと、徐々に歯は元の歯並びの悪い位置に戻っていきます。
美しく整備した歯並びを長く維持するために、“リテーナー”で保定していきます。保定期間は、矯正専門の先生からお話を伺いましょう。
Q.
まずは矯正専門歯科に相談。何を聞いたらいいの?
A.
まず、どういう理由で矯正をしょうと思ったのか、しっかり伝えることです。
歯並びが気になっているとか、噛み合わせがおかしい、など、どんなことでも良いから、思って感じていること、要望を伝えないといけません。
当院では、無料相談を実施してますから、疑問やご不安な点がございましたら、まずはお気軽にご相談してください。
  • 治療例 施 術 名    │セラミック矯正治療
    料   金    │1本39,800円~70,000円(治療費は材質や治療本数によって異なります)
    考えられるリスク │治療後は正しく歯を磨く必要があります。清掃が不十分だと虫歯になったり歯周病を発症してしまいます。定期検診を受診してください。